登録アーティスト・クリエイター アンケート結果

「大阪芸術事情」は、大阪市内に在住または活動しているアートやクリエイティブに関わる人がどの地域で、なにを思い、どんなことをしているのかなど、これから「地域」と「アート」がいい関係を築くために、大阪市としてもリサーチを進め、地域芸術支援のため、大阪芸術事情をリサーチするためのアンケート登録サイトです。 各区に1名ずつモデルとなるアーティスト・クリエイターほか地域芸術に関わる方にご登録をお願いしていますが、大阪市内で芸術・表現・創作活動等を行っている方は、どなたでも無料でご登録いただけます。 これから地域に関わりたい、地域との関わりに興味がある方は、ぜひ上記「登録」ボタンよりご登録ください。 ※運営者情報はページ下部からご覧ください。

活動:天王寺区
在住:天王寺区

プロフィール

1982年大阪生まれ。株式会社アイス代表。高校卒業後、鰻谷のバーで勤務。その後法律事務所での勤務を経て、一般消費者向けの家造り勉強会を開催・建築の監修をする「いい家塾」の事務局長に就任する。地域活動では上町台地の建築や、まちの営み、生活を紹介する「オープン台地」で企画・運営・内部調整を担当する。まちも人も、少しづつ変わるけど、変わらないところもあって、どちらも趣があって良いと思う。家業のちんどん屋を手伝う妻と4歳の娘と暮らす。好きな場所の傾向は、緑、土、木、屋上、お酒のあるところ。

活動:港区
在住:港区

プロフィール

クリエイティブプロダクションONDO Inc.代表。映像の監督・制作や、空間を演出するインスタレーション映像の企画・制作等を手掛ける。パーソナルワークとしてライブパフォーマンスや、自身の発表の場としたアートイベントを企画。服飾や写真等、積極的に様々な方面のクリエイターと共にプロジェクトを展開。

活動:大阪府外
在住:大正区

プロフィール

世界中の古新聞を使って作品を作る芸術家。いつでも、どこでも、だれでもが参加できて、楽しめるアートです。テレビ番組誰でもピカソで北野たけしさんの新聞ジャケットを作るなど、メディアでも話題を博す。中国北京では、元国家主席李先念の娘李小林の招待により、パフォーマンスを披露。その模様は、中国国営テレビで放送され、翌日の新聞一面トップ記事になる。ウクライナ各地でも、パフォーマンスを披露し、朝の国民的テレビ番組に生出演する。ナポリダンテ広場では、数千人の観客の目の前で即興パフォーマンスを披露。ポンペイ遺跡や青の洞窟でも人気を博す。中国の万里の長城や故宮でも、パフォーマンスし、人々の話題となる。幼児から大人まで老若男女の美術教育に携わる。特に幼児教育では、大阪女子短期大学にて定期的に講義等ワークショップを行う。環境総会合G8 の関連イベントで神戸にて、世界21カ国から集まった子供たちとともにパフォーマンスを行う。.そのご縁で、梅田スカイビルの空中庭園にて環境によい子供たちに向けたイベントを行っています。

  • アートギャラリー運営・アートディレクター
  • 飯野マサリ
  • http://linlow.jp/
活動:北区
在住:東成区

プロフィール

2005年大阪芸術大学芸術計画学科卒業。北浜「Links gallery」東天満「Linlow」の2つのアートギャラリーの運営と中之島でのアートイベント「あかマルシェ」の実行委員長をはじめ多くのアートディレクションを手がける。2011年 大阪・西本町アートギャラリー「Wag Art Cube」運営開始/2011年 アートフリーペーパー「ギャラリー&カフェMAP」実行委員(~2013)/2012年 アートイベント「あかマルシェ」実行委員会就任(~現在)/2013年 「Wag Art Cube」より大阪・北浜「Links gallery」へ移転/2014年 「FESTART」出展(大阪・淀屋橋~北浜)※以降毎年出展/2014年 「ART stream」Links gallery企業賞提供(大阪・大丸心斎橋店)※以降毎年提供/2015年 「the art fair puls ultra」出展(東京・青山)/2016年 大阪・東天満「Linlow」オープン/2016年 「gallerism」出展(大阪・中津)/2016年 「神戸アートマルシェ」出展(神戸・オリエンタルメリケンパークホテル)

活動:東淀川区
在住:東淀川区

プロフィール

日本で活躍した韓国古典芸能家・金紅珠の末の娘として生まれる。3 歳でポリオに罹患、全身麻痺の重度身障者となる。1983年「劇団態変」を旗揚げ。身体障碍者の障碍そのものを表現力に転じた身体表現芸術を世界に先駆けて創出してきた。劇団では一貫して芸術監督を務め、これまで一作を除く、全作品の作・演出を手掛ける。また、自身のソロ作品を含めたほとんどの作品に出演もしている。海外では、ケニア、エジンバラ、ドイツ、韓国、マレーシア等で公演を行ない、高い評価を得ている。2001年金満里身体芸術研究所を創設、定期的な指導を行っている。

活動:中央区
在住:大阪市外

プロフィール

山本能楽堂を中心に、能楽の普及と継承につとめる。能楽を「現代に生きる魅力的な芸能」と捉え直し、初心者でも気軽に参加できる公演や現代美術家の視点を取り入れた企画により新たなファン層の開拓に努める。(事務局として山本能楽堂の受賞歴)博報賞/日本文化理解教育部門、関西元気文化圏賞/特別賞、ティファニー財団伝統文化大賞、国土交通大臣表彰/手づくり郷土賞、日本水大賞/未来開拓賞、国際交流基金/地球市民賞など

活動:阿倍野区
在住:阿倍野区

プロフィール

特定非営利活動法人コーナス代表理事/アトリエコーナス施設長。難治性てんかんをもつ次女の誕生を機に、地域に根ざしたソーシャルインクルージョンの活動を行っている。国際障害者年の1981年から「阿倍野で生きよう会」の活動を続け、1993年「コーナス共生作業所」設立。保育士として地元の「望之門保育園」に22年間勤めながら、作業所運営を担ってきた。2005年、新たなコーナスをデザインするため退職。築80年の町屋を改修し、それぞれが自由になれるアート活動に舵をとり直す。国内外で注目されるアトリエとなり、2014年パリ・2016年ロンドンでの展示をアーティスト自身が確認する旅にもチャレンジしている。重い自閉症を持つ人たちの制限と制約を外し、彼らが主体者である活動を行っている。

  • 社会福祉法人 素王会理事長/アトリエ インカーブ クリエイティブディレクター
  • 今中博之
  • http://incurve.jp
活動:平野区
在住:住吉区

プロフィール

社会福祉法人 素王会理事長。アトリエ インカーブ クリエイティブディレクター。イマナカデザイン一級建築士事務所代表。金沢美術工芸大学非常勤講師。先天性下肢障がい。2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会エンブレム委員、同組織委員会文化・教育委員。厚生労働省・文化庁「障害者の芸術振興に関する懇談会」構成員。大阪府「アートを活かした障がい者の就労支援事業企画部会」副部会長。(株)乃村工藝社デザイン部を経て、2002年にアトリエインカーブを設立。知的に障がいがあるアーティストの作品を世界に発信し、国内外のアート・フェアに参画。グッドデザイン賞・通産大臣賞等受賞。著書に『観点変更 なぜ、アトリエ インカーブは生まれたか』(創元社)等がある。

  • コマーシャルフォトグラファー(モデル専攻)/イデアグラス
  • 黒川たくや
  • http://idea-grace.net
活動:中央区
在住:鶴見区

プロフィール

1979年福井生まれ。モデル撮影専攻のフォトグラファー・PRプランナー・ヴィジュアルディレクター。モデル専攻のカメラマンとして活動して14年目。オフィスイデアグラスを開設し8年目。東京オフィスは6年目。上海にも2011年からアプローチをしている。フォトグラファーとしては、モデルを起用した撮影が得意分野。商品撮影、飲食物撮影、スナップ撮影、ショー撮影、建築撮影関連も手がける。広告撮影、女性ファッション誌、男性ファッション誌、旅情報雑誌、美容室、アパレル商社などが主なクライアント。メインヴィジュアルの企画制作、カタログ、ポスターなどのヴィジュアルも手がける。現場で得た知識を元にアートディレクションも手がける。クリエーターを理解したディレクションで現場をスムーズに管理するクライアントのパートナー。クライアントのニーズをカウンセリングし、現場に落とし、クライアントが望む絵作りを心がけるスタンス。モットーは、広告効果の高いヴィジュアルを作ること。アートではなく数字に繋がるヴィジュアルを作るのが得意分野。クオリティとコストのバランスを考えてのクリエイティブをするためビジネス感を持つクリエイティブパートナーとして起用される。持つスキルの中で必要な役割で現場に対応します。ヴィジュアルづくりに精通したビジネスマンです。現在は美容師の営業力を劇的に向上させる独自の人材コンサル黒川たくや塾を10社と契約。そのノウハウで企業、クリエーター達にセミナーを開催。受講者数は数千名。クライアント・パートナー様のパッケージの利便性に着眼し、モデル事務所、キャスティング事業に着手し4年目。5年計画で関西に全国・世界に通用する撮影部隊のクリエイティブオフィスを立てる構想をしています。

活動:城東区
在住:大阪府外

プロフィール

同志社香里高校、同志社大学文学部卒。株式会社建築資料研究社に入社。宅建、建築士講習など、建築関係の資格取得コースを販売する営業職を担当し、CADオペレーションや建築関係の知識と人脈を築く。耐震診断士資格も取得。2005年長屋再生事業を立ち上げ、長屋を中心とした古民家を再生し、店舗などにリノベーションする事業を展開。2008年より大阪市城東区蒲生四丁目を中心としたエリアで「がもよんにぎわいプロジェクト」を行う。120年前に建てられた米蔵をイタリアンに改装した「リストランテ・ジャルディーノ」を皮切りに、洋食店、居酒屋、カフェなど現在までに19店舗を手掛け、そのまちおこしの試みは、多数のメディアに取り上げられる。またまちおこしの一環としてバルイベント「がもよんばる」や「がもよん文化部」等の地域交流を精力的に実施。主な受賞作品:あいち耐震設計コンペ最優秀賞/兵庫県耐震設計コンペ兵庫県議長賞

  • 特定非営利活動法人子どもデザイン教室 代表理事
  • 和田隆博
  • http://c0d0e.com
活動:大阪市外
在住:東住吉区

プロフィール

1961年大阪生まれ。大阪市立大学卒業。大阪市立扇町総合高校、大阪市立デザイン教育研究所講師。大阪市里親会理事。大阪府下5つの児童養護施設と連携し、さらに一般家庭の子ども(有料)延べ1,639人に年間156日・302回の「遊び×学ぶレッスン」を提供。 2014年度住友生命「未来を強くする子育てプロジェクト」文部科学大臣賞・未来大賞受賞。大阪ガス、蓬莱、阪急百貨店、セレッソ大阪と協働し、児童養護問題に取り組む。養育里親として12人の子どもと暮らし、現在2人を養育中。

活動:福島区
在住:福島区

プロフィール

1986年大阪平野区生まれ/大阪府立松原高等学校卒/大阪デザイナー専門学校プロダクト学科ガラスコース卒。3年間社会人を経験し、25歳でフリーターというか、ニートになる。何もない生活がスタートするかと思いきや、翌日に急遽ヘルプで空堀・玉造のお散歩マップ『KaRaTaMap』の営業をお手伝いする。これをきっかけに毎年発行担当を任されることになる。また同年、飲み歩きが好きで当時流行っていた食べ歩きイベントをデザイン&アートイベント『ツムテンカク2012』にて【ジルバル】を企画し、実行委員となる。他、東成区全体のお祭り『ひがしなり街道玉手箱』の立ち上げや水都大阪の『水辺バル』、関西ウォーカーの地域発信『Wakller47』、ハイハイタウンの事務局など色々なエリアでお手伝いをし、街や地域の想いを汲み取るコミュニケーションを元に動くことを遣り甲斐と感じ、今に至る。現在、絶賛子育て中で今までみたいに自由に動けないが、趣味の食べ歩き情報は常にアンテナを張っている。

活動:西成区
在住:西成区

プロフィール

1969年奈良県吉野生まれ。3歳より詩作、17歳から朗読をはじめる。92年から詩のワークショップを手がける。2001年「詩業家宣言」を行い、さまざまなワークショップメソッドを開発し、全国で活動。03年新世界フェスティバルゲートで、ココルームをたちあげ「表現と自律と仕事と社会」をテーマに社会と表現の関わりをさぐる。08年から西成区通称・釜ヶ崎で「インフォショップ・カフェ ココルーム」を開き、喫茶店のふりをし、09年向かいに「カマン!メディアセンター」開設。「ヨコハマトリエンナーレ2014」に釜ヶ崎芸術大学として参加。16年春、地域の人たちと旅人とのであいをつむぎたいと考え、同同商店街で30数ベットの「ゲストハウスとカフェと庭 ココルーム」を開く。詩写真集「うた」(WALL)、「こころのたねとして〜記憶と社会をつなぐアートプロジェクト」(ココルーム文庫)、「釜ヶ崎で表現の場をつくる喫茶店、ココルーム」(フィルムアート社)、朗読CD「詠唱!日本国憲法」「あなたの上にも同じ空が」他。NPO法人こえとことばとこころの部屋(ココルーム)代表。(一社)リヴオン理事。大阪市立大学都市研究プラザ研究員。2012年度 朝日新聞関西スクエア大賞。2014年度 文化庁芸術選奨文部科学大臣新人賞

活動:住之江区
在住:大阪府外

プロフィール

2004年よりdot architectsを共同主宰。建築における設計、施工のプロセスにおいて専門家、非専門家に関わらず、様々な人々を巻き込む、超並列設計プロセスを実践。障がい者と共に建築を建てる「Inclusive Architecture」や、障がい者施設の使用者と共に施設のリサーチを行う「尊厳のためのデザインリサーチプロジェクト」などを行っている。また建築を専門としながらも他分野の人々との恊働プロジェクトにも多く関わる。その他にも、関西に「デザインする状況をデザインする」を合い言葉に、「DESIGNEAST」というプロジェクトの実行委員も努める。

活動:此花区
在住:此花区

プロフィール

大阪/守口生まれ。大学で建築・都市計画を学び、コンサル・工務店を経て2009年に独立。大阪市此花区をベースに、工務店・まちづくり・イベント企画運営・面白物件ツアーを行い、「地域」と「若者の暮らし」の可能性を考える。モトタバコヤでは、日替わりシェアショップを運営。梅香・四貫島エリアで開催する街中イベント「見っけ!このはな」では、地域との調整なども行う。妻と娘2人・猫2匹。

活動:住之江区
在住:都島区

プロフィール

1962年大阪生まれ。身近な生きものを観察しながら暮らし、紙や布に絵を描き、立体造形を続けている。絵本に、『アリのさんぽ』『ねぬ』(ともに架空社)、『ほなまた』(農文協)、『くものもいち』『いたちのてがみ』(ともに福音館書店)、『でんきのビリビリ』(そうえん社)、『ドンのくち』(佼成出版社)、『太陽とかわず』(小川未明/文 架空社)、『みんな おはよう』(まみょうかな/文 架空社)、『カイロ団長』(宮沢賢治/文 ミキハウス)。読み物の装丁画、挿絵に、『天游(蘭学の架け橋となった男)』(中川なをみ/文 くもん出版)、『有松の庄九郎』(中川なをみ/文 新日本出版社)。そのほかに、海洋生物学者に贈られる「神戸賞」のための、生きものの形のトロフィ制作。「できたできたできた」(NHK Eテレ)の背景画とオブジェ制作(2010年4月~2016年3月放送)こどもたちとワークショップして、一緒に絵を描いたり、いろんなカタチの絵本を作ったりしている。

  • 演劇プロデューサー、インディペンデントシアター劇場プロデューサー、株式会社INDEPENDENT代表取締役
  • 相内唯史
  • http://independent-fes.com/
活動:浪速区
在住:浪速区

プロフィール

北海道札幌市出身。演劇プロデューサー。株式会社INDEPENDENT代表取締役。日本屈指のアグレッシブな劇場「インディペンデントシアター」の劇場プロデューサーを務め、全国展開している最強の一人芝居フェスティバル「INDEPENDENT」など挑戦的でコンセプチュアルな企画を多数仕掛ける。クリエイターとしても映像・宣伝デザインなどを中心に活動、自ら演出を手掛けるCriticalCreationでは、実験的演劇作品も製作。仕事に全力を出し、趣味も決して諦めない「止まると死んじゃう生き物」

  • 大阪府江之子島文化芸術創造センター館長/クリエイター
  • 甲賀雅章
  • http://www.sd-lab.org/
活動:西区
在住:大阪府外

プロフィール

広義の意味でのデザイン、文化戦略を、21世紀型経営の最重要資源として位置づけ、企業、組合、商店街、地方自治体等の活性化におけるコンサルティング活動を展開。CI戦略、ブランディング、コミュニケーションデザイン、新商品開発、新業態開発、空間プロデュース、イベントプロデュースと、その活動領域は広く、1992年から「大道芸ワールドカップIN静岡」を立ち上げ、現在までプロデューサー、2009年ソーシャルデザイン研究所を設立。NPO法人日本ホスピタルクラウン協会副理事長。2011年4月からは川根本町文化会館の事業パートナーとして劇場の企画運営に携わる。2012年4月から大阪府江之子島文化芸術創造センターの館長に就任。2012年12月よりバンコクで開催されるSiamStreetFest、2013年4月からは「大阪国際児童青少年アートフェスティバル」のプロデューサーに就任。2014年4月からは、コンテンポラリーダンサー、役者としてデビュー。2016年4月より静岡市文化・クリエイティブ産業振興センター(CCC)アドバイザー。2016年7月瀬戸内国際芸術祭で開催のアジアパフォーミングアーツマーケット(APAMS)のディレクターを務める。静岡デザイン専門学校では、18年間教鞭を執る。公益財団法人静岡県舞台芸術センター評議員、ふじのくに地域づくりアドバイザー、観光振興アドバイザー、明るい未来の楽校楽長ほか公職も多数歴任。

活動:東成区
在住:東成区

プロフィール

ランドスケープアーティスト/研究者・博士/俳優。「まなざしのデザイン」をテーマに、大阪府立大学で准教授として研究を行いながら、病院や街などのパブリックスペースでのアートのインスタレーション、バングラデシュの貧困コミュニティのための彫刻堤防など、国内外の社会問題を抱える場の風景を変える作品をつくる。代表先は大規模病院での空間インスタレーション「霧はれて光きたる春」。2013年札幌のモエレサマーフェスティバルでは亜1万人の花火のアートディレクションも務めた。また映画や舞台でも俳優を務め、近作の「冷たい床」(2016:監督:末長敬司)ではサヘル・ローズと共演。舞台では「ルルドの森」(2008:バンタムクラスステージ)でロクソドンタフェスティバ ルの最優秀主演演技賞を獲得。「ファウストの 恋人」(2015:劇団キオ)で、ファウスト役でオリックス劇場に立った 。

活動:旭区
在住:大阪府外

プロフィール

京都出身。「アートを切口に新しい価値観を創造する」をテーマに、ARTCOMPLEXグループのディレクターとして数多くのアートイベントのディレクションを務める。舞台監督・舞台美術・照明などで多くの劇団やダンスカンパニーに携わった経験を活かし、関西を中心とした複数の劇場・文化施設の運営や企画製作を行っている。また行政とともに地域活性化事業や市民参加型事業、海外との連携事業など数々のプロジェクトを手がけつつ、若手アーティストの支援・育成や⺠間・公共劇場間の連携など、文化芸術を取り巻く環境づくりにも積極的に取り組んでいる。

  • A-yan!!関西をアートで盛り上げるNPO代表/コミュニケーションアーティスト・役者
  • 田中やんぶ
  • http://a-yan4649.com
活動:生野区
在住:大阪市外

プロフィール

御堂筋パレード2005を出場を皮切りに『みんなでオモロイコトで楽しむ』を合言葉に地域、町会や行政、企業を問わずアートというより『オモロイコト』、『けったいな事』で多くの人を巻き込み大阪を盛り上げる活動を展開中。やってきたこと①顔を出して写真をSNSに上げ繋がろう『顔出しかんばんアートプロジェクト』②子ども達が考え作り演じる『最恐おばけ屋敷』③「悪い子はおらんかぁ??」子どもたちのやったらアカンことを怪人にする現代のなまはげ!?怪人を率いる『悪の秘密結社怨怒霊団』それを正す5と言いながら5人以上のご当地ヒーロー『アート戦士エーヤンダー5』。④懐かしい遊びのベッタンを地域大会を開く『ベッタン王選手権』⑤大阪のオモロイのはお母さん『オカン』がおもろいから。お母さんの写真展示会『オオサカンマダム』。⑥簡単に誰でもみんなでワイワイ作れるカワイイふわふわのツリーを作ろう!『ふわふわクリスマスツリー』⑦『みんなできれいな一枚の絵を描こう!!ウォールペイント』、此花区伝法54m、豊中市北丘60mの壁絵を地域を巻き込んで描きました。⑧世界一速いヤツはだれや??『ダンボールキャタピラ世界選手権大会』を開くために大阪中を走り回っています。